FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おわり

2013年もあっという間に終わりですね。
個人的には年末も年始もどうでもいいんですが、他の人や周囲の雰囲気は
そうではないので嫌でも年末年始を意識させられます。






今年はアニメ『絶園のテンペスト』の原作者、城平京の作品ばかり読んでましたね。
この作者のことは絶園の連載開始よりもさらに前、高校時代に
『スパイラル~推理の絆~』を少し読んで知ってた程度でしたが、
去年の年末になんとなく経歴を調べてみたら思わぬ所に自分と共通点があって
興味を持ったのがきっかけでした。

NEC_0638.jpg

左から
『ヴァンパイア十字界』
『絶園のテンペスト』


どちらも月刊少年ガンガン掲載の漫画です。
両作品とも最初は派手にバトルやるつもりで開始したらしいですが
いつの間にか会話中心の展開になってるところはこの作者の性なんでしょうか。

NEC_0637.jpg

こちらは小説。

左から
『名探偵に薔薇を』
『スパイラル~推理の絆~ 鋼鉄番長の密室』
『虚構推理 鋼人七瀬』


鋼鉄番長は漫画版のスピンオフ。
虚構推理は絶園の富士山麓の決戦で大笑いした人にゼヒ奨めたいw

作風も自分の好みなので、絶園が完結した今、新作を今か今かと
待ちわびている日々です。

2013年の最後ってことで、気になったゲームやアニメに適当に一言。
まずはゲームから。


<怒首領蜂最大往生(Xbox360)>
なんですか、このクソUIは!?
修正パッチ充てても未だに不完全だし、ネームエントリーもできないから
オフラインランキングにデフォネームばかりが並んで味気ないわで
移植度云々以前の問題だらけ。
期待も大きかった分、失望も大きかった。
CAVE最後の家庭用移植だから有終の美を飾って欲しかったのに・・・


<カラドリウス(Xbox360&アーケード)>
最初は限定版選んだことを後悔しそうなくらい酷いゲームを買ったもんだと
思ったけど、最終的にはかなり楽しめました。
アーケード版は10月のあたまに数回プレイしたきりですが、
そのうちハイスコアにも挑戦してみたいですね。


<艦これ(ブラウザ)>
今年一番ハマってたんじゃないかな?
3500円 ほど課金してしまいましたが、他のゲームにあまり目移りせずに
こればっかりやってたので、結果的に出費を抑えられた気がしますw

長門を狙い続けて戦艦レシピを回すこと約3ヶ月、なんとか年を越す前に
GETできたことが一番うれしかった。
長門建造で資源にあまり余裕がないところにアルペジオイベントと大型建造が来て
立て込んでましたが、ようやくひと段落ついた感じです。
E-3で予備の伊19と長波を狙ってますがなかなか来てくれませんね。
さっさと終わらせて3-4をイオナ含めた潜水艦隊でまわしたいのですが・・・
しかしイオナの「きゅーそくせんこー」は聞いててイライラする。
しかも某クソアニメの主人公と同じ演技なのでイライラもマッハw
『電波女と青春男』の前川さんやってたときの渕上舞さんの演技は
良かったのにどうしてこうなった・・・

大型建造は各資材が 20000 を下回らない程度に残るようにして
気長にやっていくつもりです。
ヤマトはコレクトアイテムだしタイホーも絵柄のせいで某クソアニメ
思い出すので必死になることないかなと。
今のところ、最低投入で阿賀野型3種全てと三隈ぐらいしか
めぼしいものは出ておりません。
まるゆとあきつ丸がほしいです・・・


<ダメダメすぎる任天堂>
今年の任天堂はホントに何もやってないんじゃないのと思える酷さ。
というよりは、何かやるたびに事態が悪化してる気が・・・
現状ではWiiUでユーザーにどんな遊びを提供したいのかまるで
わからないし、任天堂自身わかってないんじゃなかろうか。


お次はアニメ。


<革命機ヴァルヴレイヴ> 評価:闇鍋
前置きとして
・ロボットアニメ好きというわけでもないのでロボットのデザインは
 割りとどうでもいい。というか人型メカ自体ダサいと思ってるし
 人型にする意味がわからない。
・主な登場人物が死のうが話が面白ければそれでいい。
というスタンスで視聴してます。

1期は学生たちが学園祭準備のノリで戦争してて不気味な印象しかなくて
ネタアニメとして捉えればそこそこ楽しく観れました。
ショーコが登場する場面で作品の空気がいつもおかしくなってる気がします。
後半の2期にも言える事ですが、その他大勢のキャラたち(ときにはメインキャラも)
の態度が事あるごとに手のひらを返すようにコロコロと変わる描写が不快に感じますね。
そしてそれらを表現する際にツ○ッターみたいなSNSを多用するのもいかがなものかと。
宇宙に進出してる様な未来世界でもツイ○ターがあまり形を変えずに
使われてることに違和感を覚えます。

1期で一番印象に残ったのはヴァルヴレイヴ3号機を目の当たりにした
敵軍戦艦の艦長と副官のやりとり
艦長「8本腕だと!?」
副官「元の腕と合わせて10本です!」
艦長「そんなことわかっとる!」

(直後、この戦艦はヴァルヴレイヴにより撃沈される)

・・・ここ笑うとこなんですか?


2期からはようやく真面目になりだして、意外にも(?)アツい展開を
見せてくれたりと(月に戻ってショーコが再登場し始めたあたりで
また怪しくなったものの)普通に面白くなり始めて少し戸惑ったりw
特に、利害の一致だけで協力してきたエルエルフとハルトが改めて約束を交わすシーン。
これを観れただけでもこのアニメを観続けた甲斐がありました。
ただ、最終話で納得のいく締め方にならずに消化不良のまま終わったのは残念。
いろいろと放り投げすぎやろw

思わず噴いてしまったのは、学生たちが身の安全のためにヴァルヴレイヴの
パイロットを引き渡す際、ついでにエルエルフも引き渡したところですね。
ハルト「彼は関係ないだろ!」
学生「コイツは何をするかわからない!一緒に行くには危険すぎる!」
エルエルフ「買いかぶられたものだな・・・」


これがおかしく思えるのは自分の感覚が狂っているのだろうか?


なんだかんだで今年一番楽しく観れたアニメだと思います。
BGMは文句なしに良いのでサントラ買うかもしれませんw


<ダンガンロンパ> 評価:原作ゲームのTAS
原作はやったことないけど、ぱっと見でゲームの演出をそのまま
引っ張って来たなと思えるシーンがいくつかありましたw
(ある言葉を閃くときの演出とか裁判開始時の銃弾装填など)


<機動戦士ガンダム00 劇場版>
TV版の内容はほぼ知らないけど、期待せずに観たからか、
意外に楽しめました。
圧倒的な物量を誇る敵群との宇宙決戦は見応え十分、
序盤のホラー的展開もツボでした。
普段映画を観ない自分にしては珍しく何度も観返してるので
結構気に入ってます。


<魔法少女 まどか☆マギカ 劇場版(前編&後編)>
昨年公開された劇場版がTVで放送されてたのでせっかくだから視聴。
TV版同様、まどかがさやかのソウルジェムを遠投するあたりまで
退屈な展開が続くのは相変わらずでした。
細かいところで修正が入っているらしいですが、TV版をニコ生で
一通り観ただけなんで正直どうでもいいw
叛逆の物語は金払ってまで観に行く価値なさそうね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レベル固定

Author:レベル固定
散らかった部屋に
物を落としてはダメだ!
使い物にならなくなるからな。

最新記事
最新コメント
カウンター
レベル固定の腕輪 購入被害者の会
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。